• 花嫁実例トップに戻る

1年以上かけて選び抜いた極上のエレガンススタイル

Date Nov 13,2014/

ミカドシルクがリュクスな光沢を放つ


 

遠井悟さん・菜津美さん(都内外資系ホテル)

 


フランスの最高級ビーズレースとミカドシルクを贅沢に使用した「ラ・クチュール ヨシエ」のA ラインドレス。ドレスを決める際に、デザイナー山下先生の人柄と「とてもお似合いよ!」と言うひと言が決め手になったとか。

ヨシエ

(左)ドレスを決める際に、デザイナー山下先生の人柄と「とてもお似合いよ!」と言うひと言が決め手になったとか。
(右上)バックスタイルの大きめリボンが花嫁の愛らしさを演出。また、王道アップのヘアスタイルにミキモトの豪華な真珠のティアラをセレクトして高貴な印象に。
(右下)正統派の花嫁に絶大なる人気を誇る胡蝶蘭のブーケ。


 

菜津美さんより後輩花嫁にアドバイス

一生に残るドレス姿なので、流行に囚われすぎないことも大事。自分が何を重視しているかを軸に考えれば良いと思います。

ショップ詳細はコチラ

  • 花嫁実例トップに戻る