HOME > アールユキコ・美ドレスの秘密

その1

「八頭身美人」に見える秘密は?

末広がりに伸びる
スカートの裾幅が
花嫁を八頭身に見せてくれる

「誰もが八頭身に見える」と評判の美ドレス。最大のポイントは他では見られないほどのスカートの「据の広がり」。頭を頂点にして、末広がりのスカートが縦に長い二等辺三角形を描くため、視覚効果で背が高く見える。モデルのようなすらりとした印象に。また、ウエストからの膨らみを押さえ流れ落ちるようなラインが、脚を長く全身をほっそりと見せてくれる。


「Ar.YUKIKO」だから叶う

究極の美を生み出す3つの要素

使っているのは肌触りが良く
柔らかなこだわりのピュアシルク

シルクでも、横糸に化繊が入っているものは張りが不自然に。流れるようなドレープが表現できるのはピュアシルクならでは。光沢や光を受けた時の陰影も美しさを引き立てる。

生地を贅沢に使うことで
生まれる究極のシルエット

裾だけに広がりを出すために、布目がバイアス(斜め)になるようスカートを裁断。この方法だと、布は通常の約1.5倍必要。この贅沢なこだわりこそがバランスよく見える秘訣。

20年で1万組以上を接客し、生まれた
独自の理論で花嫁のあらゆる悩みを解決

約1万人の花嫁の悩みを解消する中で行きついた独自の理論。それ基づき花嫁の体型から計算して作る「有紀子ライン」だからこそ、背が高く、脚が長く、顔が小さく見える。