- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

【結婚式】朱赤の打掛から純白のエンパイアへイメージを変えて

2016/03/18 

一生に一度の晴れ舞台は、アイリーナの色打掛とウエディングドレスに決めた。日本人らしく挙式は神前式を選んだふたり。色打掛は即決してしまうほど新婦の心を掴み、掛け下はアクセントになるよう朱赤をセレクト。色直しには胸下の太めビジューが華やかでシフォンの質感が美しいエンパイアを選び、ビタミンカラーのカラフルなブーケとサイドダウンの三つ編みで可愛らしさを演出した。

【名前:F.H・Mさん】(挙式日:2015年3月7日 神楽坂/赤城神社・ラリアンス)

アイリーナ

和装からウエディングドレスへのチェンジは雰囲気がガラリと変わったとゲストから大好評。目でみても楽しい結婚式となった。

関連記事