- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

編集部が本気でオススメするドレスショップ19

2018/10/22 

編集部が本気でオススメするドレスショップ19

最高級の素材と計算し尽くされたシルエットが織りなす、究極のラグジュアリードレスを提案するクリエイターたち。
どんなに重厚で格式の高い会場でも、そこだけに光が集まったような圧倒的なブリリアンスに心打たれる。

知ればもっと愛おしくなる!
クリエイターズドレスをすすめる理由

1.日本女性の体型を知り尽くしているから


欧米の花嫁のようなプロポーションを持たない日本の花嫁たちを輝かせるのは、日本のクリエイターならではの感性が生み出したテクニックの数々。バッスルスタイルでヒップを豊かに見せたり、布をバイアスに使うことでウエストをほっそり見せたり、ハートカットのネックラインでバストを豊かに演出したり……。ミリ単位のバランス調整で完璧なシルエットを実現できるのも、日本女性の体型を知り尽していればこそ。

2. 熟練の職人の技術と心遣いがあるから


日本で人気のドレスはスカートにボリュームを持たせたものが多い。こうしたドレスでは、10 枚以上もの生地を重ねて縫い合わせることも多く、職人には高い技術力が要求される。布が重なってもごわつかず、ラインも崩れないように縫い代を処理するのも職人の技。蓄積された経験や生地への知識など、一朝一夕では培えない“ものづくり”の技と精神が、日本のクリエイターたちがデザインするドレスの美しさを支えている。

3. 繊細な感性で素材を選んでいるから


厳選された上質素材を使うのはもちろんのこと、生地の特性を把握し、それぞれにふさわしいカッティングや配置を施すことで、素材の持つ美しさは最大限に発揮される。例えばミカドシルクは裁断の方向によって輝きが変わってくるし、レースも柄の大きさや透明度によって見た目の印象ががらりと変わる。日本のクリエイターの繊細な感性は、これらの違いを敏感に感じ取り、花嫁や会場の雰囲気にぴったりと合うものを選び抜く。

4. 日本の花嫁の動作を熟知しているから


日本と海外では、花嫁の立ち居振る舞いがかなり違う。例えば、日本ではお辞儀の回数が多く、しかも深く前かがみになるので、デコルテが深く開いた海外のデザインだとお辞儀のたびに胸元が気になってしまうかも……。また、セクシーさが好まれる海外と比べて、日本では清楚な花嫁が支持されるという好みの違いも。これらの違いを踏まえて、日本のドレスでは胸元を高めの位置にデザイン。こうした配慮ができるのも、日本のクリエイターならでは。

5. 日本の結婚式場を知り尽しているから


大きな式場にはボリュームのあるドレス、こじんまりした式場にはシンプルなドレス……など、会場の規模に合ったボリューム感はもちろん、「このインテリアにはこのカラーが映える」「この厚さのカーペットにはこれくらいの裾の丈がベスト」など、式場そのものを味方につけることでドレスの美しさは何倍にもなる。研究熱心な日本のクリエイターは、知らない会場があれば時間を見つけて見学し、光の入り方や階段の段数など、細部までチェック。そのこだわりが、会場との相性が抜群のドレスを生みだす。

6.納得がいくまで試作を繰り返しているから


日本のクリエイターの強みは、日本人をモデルに何度も試作を繰り返せること。新しいデザインや素材を取り入れたドレスは、立ち姿は美しいのに、実際に身に纏ってみるとスムーズに動けないことも。そうした状況を防ぐため、平均的な体格の日本人女性をモデルに、場合によっては何十回もの試作と試着を繰り返し、あらゆる動作をシビアな目でチェック。こうして磨き上げられたドレスだからこそ、すべての場面で真の美しさを発揮する。


ラグジュアリードレス

花嫁のさまざまな願いや夢を叶えてくれる日本のドレスクリエイターたち。
彼らと一緒に創り上げる“あなただけのブライズドレス”はいつまでも心に残る、最高の思い出になるはず!


根本 央子(オルガンザ)

根本 央子
オルガンザ

花嫁の上品な愛らしさを引き出す王道のエレガンス


根本 央子(オルガンザ)

タイムレスな魅力のロイヤルスタイルなど気品溢れるデザインを得意とするサロン。シンプルでありながら美しいラインを描きだす洗練のドレスに、さりげなく愛らしさを添えるバランス感覚は絶妙。ロングトレーンで魅せるバックスタイルの気高さにも定評があり、どんな会場でも圧倒的な存在感で見る人の心を奪う。


山下 芳枝(ラ・クチュール ヨシエ)

山下 芳枝
ラ・クチュール ヨシエ

素材・縫製・デザインのレベルの高さに圧倒


山下 芳枝

1994 年の創業以来、厳選されたシルク100%にこだわってドレス創りを続けているサロン。接客を担当するすべてのスタッフが縫製の技術を持っており、きめ細かいアドバイスを行ってくれるのも魅力。素材の表情が際立つシンプルドレスから、ビーズやレースをほどこしたラグジュアリードレスまで、クラス感溢れるドレスは花嫁たちの憧れの的に。


AKIKO(ペールメール)

AKIKO
ペールメール

ワンアンドオンリーなドレスで世界でひとりだけの花嫁に


AKIKO

ファッションブランドの企画CMや舞台の衣裳を手掛けた後、ドレス製作に魅せられたデザイナー・AKIKO。日本女性のボディバランスを考え一点一点丁寧に作られた立体裁断のドレスは、どれも繊細で美しい。デザイナーのイメージと職人の技がひとつになった時に生まれるドラマティックなドレスを身に纏えば、誰もが世界でただひとりの美しい花嫁に。


福井 祥子(トゥー・レ・ドゥー)

福井 祥子
トゥー・レ・ドゥー

現代の日本女性にマッチする清楚でフェミニンな愛されスタイル


福井 祥子

現代の日本女性の美しさを最大限に引き出す“シンプル&エレガント”なスタイルを追求し続けるサロン。ヨーロッパから厳選された素材とバックスタイルの美しさにこだわったドレスは花嫁たちの熱い支持を受ける。なかでも優美なオフショルダーとロングトレーンの組み合わせはサロンの代名詞。チャペルで注目される花嫁の後ろ姿を華麗に演出する。


西村 有紀子(アールユキコ)

西村 有紀子
アールユキコ

ピュアシルクの魔法が紡ぐ憧れのラグジュアリードレス


西村 有紀子

2005 年よりミスインターナショナルの、2014 年からはミスアースの「ジャパンオフィシャルデザイナー」を務め、2012年には日本代表の吉松育美さんを世界一に導くなど、日本女性の美しさを引き出す手腕に定評があり、著者も多数ベストセラーに。最高級のピュアシルクにこだわった、グラマラスで立体的なドレスは花嫁のオーラをひときわ高めてくれる。


Hisako Takayama(クチュールメゾン ヒサコタカヤマ)

Hisako Takayama
クチュールメゾン ヒサコタカヤマ

カリスマデザイナーの意志を継ぎ、日々進化を続けるサロン


Hisako Takayama

約40 年の歴史あるドレスメーカーから生まれたブランド「Hisako Takayama」。初代デザイナー髙山尚子が築き上げたジャパニズムモダンを2015 年から新チームで継承し、新しいステージへと昇華。毎年新作ドレスを創り続けている。女性の美しさを引き出す秀逸なシルエットのドレスに熱狂的なファンが多い。


松村 ひとみ(レフェ クチュール)

松村 ひとみ
レフェ クチュール

「本物の上質」を知るデザイナーが提案する秀麗なオートクチュール


松村 ひとみ

独自の感性と確かな審美眼を持つカリスマデザイナー・松村ひとみが手がけるレフェ クチュール。ヨーロッパから厳選された素材を贅沢に使用し、手間ひま惜しまずハンドメイドされたドレスは、芸能人を含む多くのセレブリティからも絶賛されている。美しく繊細なディテールにこだわった洗練の麻利絵は、花嫁の本当の美しさを引き出してくれる。

完成されたシンプルドレス

余計な装飾を削ぎ落としてシンプルを極めたドレスこそ、花嫁その人の美しさを際立たせる。
ごまかしがきかないデザインに挑み、真のエレガンスを引き出すクリエイターたちのフィロソフィに触れて。


青木 節子(ローブ・ドゥ・マリエ セツコ アオキ)

青木 節子
ローブ・ドゥ・マリエ セツコ アオキ

徹底して素材とサイズにこだわったシンプル&ゴージャスなドレス


青木 節子

厳選した素材を贅沢に使用し、アトリエの職人が1枚1枚丁寧に仕立てるドレスは軽やかな着心地で動きやすさ抜群。花嫁を最も美しく引き立てる“ジャストサイズ”にこだわり、挙式1週間前のサイズ調整では、そのときの体型にぴったり合わせて作り直しを行うことも。スタイリストとしてのデザイナーの経験を活かしたトータルコーディネートも魅力。


荒井 悦子(クロカンブッシュ)

荒井 悦子
クロカンブッシュ

組み合わせ自由なレンタルドレス「コム・ヴ・ヴレ」が大好評


荒井 悦子

デザイナーの荒井悦子が、アパレルデザイナーを経て1989 年に立ち上げたクロカンブッシュ。クラシカルでいて今の空気を感じさせる洗練されたシルエットを得意とする。2014 年にスタートしたレンタルドレス「コム・ヴ・ヴレ」は、トップスやスカート、袖周りなどのデザインを自由に組み合わせた理想のドレスがお手頃価格で実現できると評判。

乙女心くすぐるガーリードレス

いつの時代も女性たちの心をとらえて離さない、フリルやお花、リボンなどのモチーフを、オリジナルの感性で
現代的なドレスに仕立てるクリエイターたち。バラエティ豊かなラブリードレスに、ときめきが止まらない。


森永 幸徳&宮西 昌美(1+1)

森永 幸徳&宮西 昌美
1+1

花嫁その人の魅力を引き出す〝ここにしかない〞デザイン


森永 幸徳&宮西 昌美

クラフトマンシップを共通項に掲げる2人のデザイナーが手がける1+1。シルク素材にこだわり、デザイナー自ら世界各国に出向いて見つけた上質なレースやモチーフを、独自の感性と花嫁の個性を生かしたデザインで、唯一無二の一着に仕立て上げる。そのクリエイションは、お洒落を知りつくした大人の花嫁たちから絶大なる支持を得ている。


森田 圭伊子(アンジェリ)

森田 圭伊子
アンジェリ

特別なトータルコーディネートで大人の可愛らしさを引き立てる


森田 圭伊子

ドレスとヘア&メイクの力で一人ひとり違う花嫁の個性と魅力を引き立てたい。そんな願いから、デザイナーの森田圭伊子とスタイリストが立ち上げたアトリエ。ドレスはもちろん、アクセサリーや小物、ビューティに至るまで“アンジェリメイド”にこだわったトータルコーディネートで、優雅で上品な大人のガーリースタイルを叶えてくれる。

自然体で着こなすナチュラルドレス

自分らしいお洒落にこだわる花嫁から大好評の、リラクシングなウエディングドレスを提案するクリエイターたち。
頑張りすぎないのに輝いて見える、エフォートレスビューティなスタイルがとびきり新鮮。


牛島 由美子(シンプリーレッド)

牛島 由美子
シンプリーレッド

甘美でノスタルジックなクラシカルドレスに夢中


牛島 由美子

ドレスメーカーのパタンナーを経て独立した牛島由美子が、シルクやフランスレースなどの上質な素材とオリジナルのデザインにこだわって立ち上げたドレスショップ。その後、趣味で集めたアンティーク着物のレンタルも開始。デザイナーが愛するクラシカルでフェミニンな世界観が、特別な一日にうっとりするような幸福感を呼び込んでくれる。


上東 歩実(スゥル)

上東 歩実
スゥル

日本女性がより魅力的に輝く世界に一着だけのドレスを


上東 歩実

約10 年間、ウエディングドレスのモデルとして欧米のドレスを着用するなかで、日本女性と欧米女性の体型の違いを実感したというデザイナーの上東歩実。日本人ならではのプロポーションを生かした、日本の花嫁がより魅力的に見えるドレスを創り続けている。ふたりの愛の奇跡にそっと寄り添うような、華やかでありながら透明感のあるドレスが魅力。


花嶋 千賀(シーエイチ)

花嶋 千賀
シーエイチ

オリジナリティとグレード感が同居する魅惑のマリエ


花嶋 千賀

バレエ衣裳、アーティストの衣裳などの分野で活躍してきたデザイナーの花嶋千賀が、反響の多かったウエディングドレスのアトリエを1992 年にオープン。独創的なデザインと生地使いが光るドレス、シンプル&スイートなドレスのいずれもが高い評価を得ている。個性的なデザインでも、身に纏った時に立ち上るさりげない愛らしさが魅力。


大貫 奈保(エヌドレス)

大貫 奈保
エヌドレス

みずみずしい甘さをふりまくレトロフェミニンなドレス


大貫 奈保

デザイナーの大貫奈保が、セレクトショップのバイヤーなどを経て、2011 年に立ち上げたセミオーダードレスのブランド。海外のウエディングのように“もっとお洒落で自然体、自分たちらしさのある温かい結婚式”をイメージしたシンプルドレスを提案している。シルクやフランス製レースを用いたノスタルジックな表情は乙女心をくすぐってやまない。


後藤 彩(アーチェロ マリアージュ)

後藤 彩
アーチェロ マリアージュ

〝特別なのに、自分らしい〞ファンタスティックなマリエ


後藤 彩

後藤彩が手掛けるレディースウェアブランドのウエディングライン。レストランウエディングや屋外パーティなど、ふたりの個性を大切にした結婚式にマッチする、普段のファッションの延長線上にあるようなドレスを提案。ミニからパンツ、ニットまで、型にはまりないハイセンスなウェアを展開している。


坂口 絵里(プレパラージュ)

坂口 絵里
プレパラージュ

ゲストへの思いを込めた感動のウエディングドレス


坂口 絵里

デザイナーの坂口絵里が、アパレル企業での勤務を経て立ち上げたウエディングドレスブランドpreparage。結婚式とは、日頃お世話になっているゲストの方々に「ありがとう」の思いを伝える場所。そのために、いつもよりほんの少し背伸びして身を飾る。そんなメッセージが伝わるような、温かみのあるドレスを提案し続けている。


坂口 絵里(プレパラージュ)

横畑早苗
アトリエ ナエ

さりげないのにハッと目を引く存在感


坂口 絵里

「大好きと大切をすべてまとって」をコンセプトに、シルエット、カッティング、上質な素材にこだわり、シンプルかつ上品でありながら、時代の空気感も取り入れた、さりげなくモードなドレスを提案。デザイナー・横畑早苗の絶妙なバランス感が花嫁その人の魅力を引き出す。