- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

憧れの和装選び講座②和装上級者に見られるおしゃれテクニック

2018/10/26 

日本女性の美しさがもっとも際立つ和装は、大人の花嫁に人気急上昇!そこでウエディングドレス選びとは違った、和装ならではの衣裳選びのポイントを大公開。伝統と新しさを感じる素敵な花嫁姿を実現して。

和装を「粋に」「おしゃれに」着こなすための、ヘアスタイルや小物使い、コーディネートのポイントを紹介。これを知っているだけで、初心者のあなたも「この花嫁、わかってる!」と一目置かれるかも!?


古式ゆかしい花嫁ヘアも
モダンなアレンジで今風に!

衿を重ねたコーディネートで
胸元を華やかに彩る

掛下の代わりに大振袖を着て
披露宴から二次会に早着替え

古式ゆかしい花嫁ヘアもモダンなアレンジで今風に!

ヘッドドレス/メリー・マリー
ネットチュール/スタイリスト私物

写真協力/サンコレクション

白無垢や色打掛で挙式を行う際は、文金高島田に角隠し(写真下)も正式なヘアスタイル。最近では洋髪を合わせる花嫁も多い。生花はもちろん、ドレス用のビジューアクセサリーやチュールなどでモダンに仕上げて。地毛を結い上げて作る“新日本髪”なども人気。


衿を重ねたコーディネートで胸元を華やかに彩る

和装を着た時に“おしゃれ”と思われるポイントの1つが衿。衿からのぞく、白紋織に金糸や銀糸で刺しゅうした「半衿」を使うと、胸元がぐっと華やぐ。着物の衿に沿って半衿との間に着つける伊達衿も、コーディネートが楽しめる和装ならではのアイテム。組み合わせ次第で一目を置かれる花嫁に。

金の和装は、白の掛下に金糸の刺しゅうが施された半襟を重ね、正統派な着こなし。きものの柄の赤を伊達衿に取り入れて。

愛らしいパステルグリーンの和装は、パステルイエローの掛下にピンクの刺しゅうの半衿で砂糖菓子のようにスイートにまとめて。


掛下の代わりに大振袖を着て披露宴から二次会に早着替え

白無垢や色打掛の掛下は一般的に白。この掛下に振袖を使うと、ぐっとおしゃれな雰囲気に。例えば写真下のように披露宴は色打掛で、二次会では色打掛を脱いで大振袖というアレンジも。大振袖は裾を引かないので、歩くときに手がふさがらず自由に動けるので、パーティシーンにもぴったり。ただし色合わせなどのコーディネートセンスが問われるので、和装に詳しいショップに相談したい。