- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

アールユキコ・美ドレスの秘密

2018/11/01 

ドレスを纏った花嫁の誰もが、理想の花嫁像をはるかに超える美しさに
感嘆をもらすという「Ar.YUKIKO」のドレス。
美を追求し続けるデザイナー西村有紀子が生み出すドレスにはその美しさを裏付ける多くの秘密がある。
身に纏うとわかるその違いを徹底解説。

撮影/SiVA ヘア&メイク/加藤雄介(GRAST) モデル/バレリー ブーケ/和田希美枝(impressions)

その1
「八頭身美人」
に見える秘密は?

その2
「シンプルなのにゴージャス」
に見える秘密は?

その3
「誰よりも美しく華やいで」
見える秘密は?


その1
「八頭身美人」に見える秘密は?

末広がりに伸びる
スカートの裾幅が
花嫁を八頭身に見せてくれる

「誰もが八頭身に見える」と評判の美ドレス。最大のポイントは他では見られないほどのスカートの「据の広がり」。頭を頂点にして、末広がりのスカートが縦に長い二等辺三角形を描くため、視覚効果で背が高く見える。モデルのようなすらりとした印象に。また、ウエストからの膨らみを押さえ流れ落ちるようなラインが、脚を長く全身をほっそりと見せてくれる。

「Ar.YUKIKO」だから叶う!究極の美を生み出す3つの要素

使っているのは肌触りが良く
柔らかなこだわりのピュアシルク

シルクでも、横糸に化繊が入っているものは張りが不自然に。流れるようなドレープが表現できるのはピュアシルクならでは。光沢や光を受けた時の陰影も美しさを引き立てる。

生地を贅沢に使うことで
生まれる究極のシルエット

裾だけに広がりを出すために、布目がバイアス(斜め)になるようスカートを裁断。この方法だと、布は通常の約1.5倍必要。この贅沢なこだわりこそがバランスよく見える秘訣。

20年で1万組以上を接客し、生まれた
独自の理論で花嫁のあらゆる悩みを解決

約1万人の花嫁の悩みを解消する中で行きついた独自の理論。それ基づき花嫁の体型から計算して作る「有紀子ライン」だからこそ、背が高く、脚が長く、顔が小さく見える。


その2
「シンプルなのにゴージャス」に見える秘密は?

上質素材をたっぷり使うことで叶う
「シンプルゴージャス」なドレス

「シンプル」と「ゴージャス」は相反する言葉。でも、アールユキコのドレスにはその2つが共存する。上質なシルクが持つ輝きと陰影、シルクやリバーレースが生み出す豊かなドレープ、散りばめられた刺しゅうやビージング……上質なものだけを贅沢に使用することで、「シンプルでありながらゴージャス」という花嫁姿を叶える。

「Ar.YUKIKO」だから叶う!究極の美を生み出す3つの要素

「世界の美」を手掛けるからこその
想像を超えるデザイン力

「ミスインターナショナル」「ミスアース」の日本公式デザイナーを長年にわたって務めるデザイナー・西村有紀子の卓越したセンスとデザイン力が相反する概念を形にする。

本物を知るデザイナーが
最高級の素材を厳選

世界最高峰の美を見極めるその審美眼によって選ばれる、こだわりのシルクや、“レースの女王”と呼ばれるリバーレースは、どれも究極の美にふさわしい逸品。

たっぷりとした生地づかいが
実現する究極のラグジュアリー感

生地を惜しみなく使うことで生み出される、この上なく優雅なシルエット。妥協を許さず美を追求するデザイナーの姿勢が、日本人女性の美しさを最大限に引き出す。


その3
「誰よりも美しく華やいで」見える秘密は?

ビジューを贅沢なまでに散りばめた
「レフ版効果」でヒロインオーラを放つ

無数のビーズや美しい刺しゅうがあしらわれているのも、アールユキコのドレスの特徴のひとつ。光を受けて煌く水晶ビーズの本物の輝きは、単に華やかなだけでなく、花嫁の顔色をワントーンアップしてくれる「レフ版」のような効果も持つ。ヒロインとなる特別なステージだからこそ、女優のような気品あるオーラを纏って。

「Ar.YUKIKO」だから叶う!究極の美を生み出す3つの要素

使っているのは肌触りが良く
柔らかなこだわりのピュアシルク

シルクでも、横糸に化繊が入っているものは張りが不自然に。流れるようなドレープが表現できるのはピュアシルクならでは。光沢や光を受けた時の陰影も美しさを引き立てる。

輝きが違う! 水晶ビーズなど
天然素材の持つ存在感を生かして

ドレスに使う素材は、生命力に溢れる天然素材をセレクト。ビーズも例外ではなく、水晶ビーズなどにこだわって使用している。その輝きは花嫁の透明感を際立たせてくれる。

こだわりのアクセサリー類で
美を総仕上げ

顔回りや胸元を彩るイヤリングやネックレスなどのアクセサリーもデザイナーがセレクト。自らデザインしたものもあり、トータルコーディネートで最高の花嫁姿に。


profile

「Ar.YUKIKO」デザイナー 西村 有紀子

ミスインターナショナル日本代表を世界一に導いたドレスデザイナーであり、審査員も務める。日本ビューティーコーチング協会理事長。ラグジュアリー感に満ちた完全個室のサロンではゆったりと衣裳選びができ、オーダードレスの場合は、デザイナー自ら接客に当たる。女性を美しく見せるテクニックは芸術的で、花嫁本人も気づかない部分をカバーするドレスを提案。各ウエディング誌でもトップページを次々と飾り、その上品なデザインと着心地の良さで、有名人を含む多くの花嫁から絶大なる支持を集めている。