- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

人気ドレスデザイナー・西村有紀子が教える「なりたい自分になれる!ドレス 選び方・着こなし方」

2018/11/01 

本来、披露宴は自己紹介をする場です。ゲストの印象を左右するだけにドレス選びは重要なポイント。自分の好みだけでなく、”どんな風に見られたいか”も考えてみましょう。自分らしい雰囲気のドレスや、なりたい自分を演出できるドレスの選び方・着こなし方を、人気ドレスデザイナー・西村有紀子さんが教えます。

撮影/SiVA ヘア&メイク/加藤雄介(GRAST) モデル/バレリー ブーケ/和田希美枝(impressions)


Sweet
可愛い

柔らかな素材が描く愛らしさ
品格をプラスして大人の女性に

柔らかな素材で、ふんわりとしたボリュームのあるドレスがおすすめです。軽やかで上品な艶のあるシルクオーガンジーをたっぷりと重ねたドレスなら、初々しく愛らしい雰囲気に。繊細なエンブロイダリーレースをあしらったフレンチスリーブのトップスが、甘さの中に気品を添えてくれるので、大人の女性にもぴったり。ブーケの差し色は優しいピンク系がマッチ。ヘアはふんわりまとめ、小花を散らして。

贅沢に使ったシルクオーガンジーが描く上品なドレープと、ヒップコサージュがバックスタイルをロマンティックに彩ってくれます。バックスタイルも完璧です。


Elegant
きれい

流れるようなシルエットが決め手
ボリューム控えめのAラインを

洗練された雰囲気のクールビューティを目指すなら、ボリュームを抑えたAラインで、流れるようなシルエットのドレスがぴったり。女性らしい曲線美を描くマーメイドラインに透明感のあるチュールを重ねて、Aラインのシルエットに仕上げた、写真のようなソフトマーメイドドレスなら、スタイリッシュな雰囲気も感じさせてくれます。

体のラインを露骨に出さないので品よく、煌く水晶ビーズや立体感のあるリバーレースなどの透明感のある輝きが、華やぎを添えてくれます。


Gorgeous
豪華

広い会場に映えるボリューム感で
優美な花嫁姿を演出

高い天井や煌くシャンデリアなどに映えるゴージャスなドレスのポイントはボリューム感。写真のようにオーガンジーの透明感が優しい印象のプリンセスラインも、たっぷりの3段フリルや裾の広がりなどが、リュクス感を醸し出し、存在を際立たせてくれます。ヘアスタイルも、ドレスに合わせてボリュームを持たせたアップにすることでより一層華やかに。

ゴールドの刺しゅうや、6000個もの水晶ビーズ、アクセサリーなど、光る素材を上半身に配しているので、極めて豪華な印象です。


Clean
清楚

人気の袖ありドレスが
クラシカルでいて旬の雰囲気に

肌の露出を控えた8分丈の袖が清楚さを印象付けてくれます。クラシックなドレスでありながら重くならないのは、トランスペアレントなリバーレースだから。二の腕が華奢に見えるのも嬉しいポイントです。V字を描く胸元のデザインには小顔効果もあります。

なめらかな光沢が美しいシルクサテンオーガンジーをたっぷりと使い、Aラインに仕上げたドレス。贅沢にあしらわれたレースが華やかさを添えてくれます。


profile

「Ar.YUKIKO」デザイナー 西村 有紀子

ミスインターナショナル日本代表を世界一に導いたドレスデザイナーであり、審査員も務める。日本ビューティーコーチング協会理事長。ラグジュアリー感に満ちた完全個室のサロンではゆったりと衣裳選びができ、オーダードレスの場合は、デザイナー自ら接客に当たる。女性を美しく見せるテクニックは芸術的で、花嫁本人も気づかない部分をカバーするドレスを提案。各ウエディング誌でもトップページを次々と飾り、その上品なデザインと着心地の良さで、有名人を含む多くの花嫁から絶大なる支持を集めている。