- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -

自分に合った運命のドレスを見つけるためのポイント

2019/07/23 

とても楽しみにしていたはずなのに、いつの間にか憂鬱になる花嫁さんが多いのがドレス選び。
この記事ではドレス選びで迷子にならないためのコツを、ウエディングドレス編集部がポイントを押さえてご紹介していきたいと思います。

ドレス選びに迷う花嫁の4つの特徴

結婚式の会場選びがひと段落して、いよいよ待望のドレス選びがスタート!でも、結婚式会場でもらったパンフレットを見てもいまいちイメージが湧いてこない…そこからドレス迷子になる花嫁さんが続出しています。

実際ドレス選びにおいては、以下のような悩みを抱えている花嫁さんが多いようです。

1.「似合うドレスが分からない」
2.「私って何号サイズ?」
3.「着たいドレスがどこにあるのか分からない」
4.「希望のドレスはあるけれど、親族や彼の上司の前で着ても大丈夫?」

このような悩みに直面するようであれば、以下のポイントを押さえておくようにしましょう。

1.似合うドレスが分からない

似合うドレスを選ぶ上で大事なのは、一生に一度のウエディングドレスだからといって肩肘を張らずに「普段の私ってどんな感じだろう?」と考えてみることです。

普段のファッションの趣味や好きなブランド、好みなどは大体決まっているものですよね。

結婚式で特別なドレスを身にまとうといっても、好きなタイプや趣味は変わらないはずですので、まずは好みを書き出すことが大切です。

・可愛いのが好き
・リボンが好き
・花柄が好き
・シンプルが好き
・モード系が好き
・ナチュラル系が好き
・プリンセスが好き

初めて着るウエディングドレスであっても、自分の好みを大事にすれば良いのです。

「いつも購入しているブランドはどんなタイプのものが多いのか」「クローゼットを見てみてどんな服が多いのか」「彼が好みの洋服はどんなイメージのものが多いのか」

ヒントは日常生活の中にあるものです。上記以外にも、「普段の着る洋服の中で、特にこの洋服を着ると周りの友人に褒められる」といった経験があるなら、その洋服の特徴をドレスに取り入れてみてもよいでしょう。

結婚式だから普段と違う私を演出したい!と思っていても、難しく考えずに自分の直感を信じていきましょう。

2.私って何号サイズ?

ドレスのコーディネートや、アンダーウェアを選ぶ際に、「普段のサイズを教えて下さい」と店員さんから必ず聞かれますが、普段のサイズを知らない花嫁さんは意外と多いです。

なぜなら、最近では洋服だけでなく下着もサイズ表記が「XS/S/M/L/LL」で販売されていることが多いからです。

しかし、結婚式に関わるドレス・下着については細かなサイズがとても大事になってくるので、スタイルを良く見せるためには細かい寸法にもこだわりながら、自分の体型に合ったジャストサイズを選ぶことが重要です。

特にブライダルインナーの試着をしてみると普段のサイズとは全く違うことが多いので、注意が必要です。

下着でしたら、専門店でブラジャーのアンダーサイズ、トップサイズ、カップ数、ヒップサイズを測ってもらうことをお勧めします。

またドレスについても同じです。日本のブランドでも海外のブランドでも構いませんので、普段の洋服のサイズを事前にきちんと把握した上で試着をするようにしましょう。

3.着たいドレスがどこにあるのか分からない

インスタグラムで多くのドレス情報が日々更新されているけれど、どこのドレスショップで扱っているのか分からない…

そんな声を聞くことも多くあります。また希望のドレスを扱っているショップを見つけても、すでにレンタルに出されている場合やサイズが無いことも。

このような失敗をしないためには、プロに聞いてしまうのが一番です。担当ウエディングプランナーや、ドレス専門の相談カウンターを利用するようにしましょう。

4.希望のドレスはあるけれど、親族や彼の上司の前で着ても大丈夫?

結婚式では自分たちの身内の他に、会社の上司・同僚、友人を招待することもあります。その場合は、彼の意見も聞きながら幅広い年齢の方に良い印象を与えられるように気を付けましょう。

その際には希望のドレスから少し離れて、客観的に『どんな花嫁として見られるべきか?』という目線で試着することが大切です。

・清楚な花嫁
・おしゃれな花嫁
・可愛らしい花嫁
・綺麗な花嫁

これは、ウエディングドレスとお色直しの衣装でイメージを分けてもいいところです。

また、最近では露出の多いドレスでも素敵なデザインのものがありますが、結婚式は両家の結びつき、また会社の方へのお披露目ということを忘れてはいけません。親族の方の顔ぶれ、お勤め先の会社の雰囲気などもしっかり押さえて選ぶようにしましょう。

もし露出の多いドレスを挙式や披露宴で着るのが難しい場合は、例えば「前撮りで着用する」「二次会衣裳として利用する」「新婚旅行ついでにリゾート挙式をしてくる」など、自由に好きなドレスを着用できるシチュエーションを取り入れるようにしましょう。

運命のドレスに出会えるために

いくつかポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ドレス選びで大事なのは、ウエディングドレスだからといって無理に背伸びをしたり、またサイズを適当に選んでしまったりせず、自分にしっかり合ったドレスを見つけることです。

ウエディングドレスを選ぶのは初めてのことなので分からないことが多いとは思いますが、ぜひ楽しみながらドレス探しを始めてみてください。