- ウエディングドレス専門誌の公式サイト -


お気に入り
一覧

ウエディングドレスの試着時に注意したい10のポイント

2019/11/12 

高まる期待とほんの少しの不安が入り混じるウエディングドレス選び。人生で一回しかない機会だからこそ、後悔のない理想のドレスを選びたいものですよね。

ウエディングドレスを選ぶにあたってドレスショップでの試着は欠かせませんが、実は試着には失敗しがちなポイントがいくつかあります。そこで今回は、ウエディングドレス試着時の注意点をまとめてみました。ぜひ納得のいくドレスを選ぶ際の参考にしてみてください!

事前に情報収集して、イメージを膨らませておく

ウエディングドレス選びの成功の鍵を握るのが、事前の情報収集です。ショップに出向いて試着するのにかかる時間は平均2~3時間程度ですが、一着のドレスを試すだけでも大体20~30分くらい必要になります。普段の洋服を試着する場合とは異なり、気軽に何着もドレスを着られるわけではないということを押さえておきましょう。

そのため効率良く試着するためにも、あらかじめ雑誌などで自分好みのドレスや気に入ったアレンジの例を集めて、スクラップしておくのがおすすめです。

予約は早めに。好みなども伝えておくとGood

ウエディングドレスの試着は予約がすぐに埋まってしまう傾向にあるので、早めの予約が大切になってきます。

特に週末の予約は取りづらいところが多いため、平日にまとまった時間を取れない人は式場が決まり次第、早々に試着の予約を入れておくとよいでしょう。人気店ですと「週末で取れる予約は数カ月後」なんてことも珍しくないので、注意が必要です。

当日はスケジュールに余裕を

ウエディングドレスの試着は予想以上に体力と気力を使います。一口に試着と言っても、髪をアレンジしてもらったり、ブライダルインナーをつけたり、アクセサリーを試してみたり……と、一着一着に対して試してみないといけないことがたくさんあります。

そのため、すべての試着が終わったあとは、一気に疲れが出てしまうことも。試着のあとは予定を空けておくなど、余裕のあるスケジュールを組むようにしましょう。

ドレスに合わせたいアクセサリーがあるなら、必ず持参を

本番でつけたいアクセサリーや小物が決まっている場合は、試着時に持っていくようにしましょう。同じウエディングドレスでも、合わせるアクセサリーによってガラッと印象が変わることもありますので、いざ当日となってアクセサリーをつけたときに違和感のないように注意しましょう。

着替えのしやすい服装で。メイクは濃い目がおすすめ

試着に行くときの服装は、前開きの服を選ぶなど、脱ぎ着のしやすさを優先しましょう。またウエディングシューズを履くので、ストッキングは必須です。メイクについても式本番に合わせて普段より濃い目にしておくと、当日とのイメージのズレが少なくなります。

家族や友達に同行してもらって、客観的な意見をもらう

試着では客観的な意見も欠かせないため、ひとりで行くことはなるべく避けるのがポイント。彼のスケジュールが合わない場合は、家族(母親、姉妹など)や友達に同行してもらうようにしましょう。

時には自分好みのドレスでも、他人の目から見ると似合っていないことも。正直な意見を言ってくれる人に同行してもらうことで、自分では気づけないミスマッチを防げます。

試着点数に制限があることもあるので、要確認

ショップによっては、一回の予約で試着できるドレスの数が決まっていることもあります。試着点数に制限があるショップでは、一回につき3~5点ほどまでというケースが多いようです。試着点数に上限がある場合は前もって着たいドレスの候補やイメージを絞り込む必要が出てくるので、予約の電話時に確認しておきましょう。

試着時は、様々な角度から撮影しよう

結婚式当日は正面からだけではなく、あらゆる角度からドレス姿を見られることになります。試着のときは、360度まんべんなく色々な角度から写真を撮ってしっかり確認することがコツとなります。座った姿勢など、直立以外のポーズもしっかり撮影すれば完璧です。

会場の雰囲気との相性も忘れずに

ウエディングドレスは単体での見栄えだけではなく、式場との相性も大切。試着のときに式場の様子や雰囲気がわかるようなもの(写真、パンフレットなど)を持っていけば、ショップの人がその式場にマッチしたドレスをセレクトしてくれるので安心です。

式のテーマが決まっているなら、それも忘れずに伝えましょう。

先入観にとらわれずに、色々試着してみて

ウエディングドレスの試着で一番もったいないのが、「自分にはこれは似合わないかな」など、少し見ただけの印象や先入観でドレスを選別してしまうこと。あとから「もっといろいろなバリエーションのドレスを試しておけばよかった……」と後悔しないように、様々なタイプのドレスを試着してみましょう。

試着のポイントを押さえて、効率の良いドレス選びを

ここまでウエディングドレスを試着するときの注意点を厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?数ある結婚式の準備プロセスの中でも、ウエディングドレス選びは式全体の印象を大きく左右する重要なステップです。ぜひ今回取り上げたポイントを参考にして、いつまでも記憶に残る運命のウエディングドレスを見つけてくださいね!